お花

贈るタイミングと品物

タイミングについて

家族の葬儀を行うとなった場合、参加してくれた方々へのお返しである香典返しについても考えなくてはなりません。香典返しを準備するにしてもいつまでに贈れば良いのか分からないということもあります。香典返しを贈るタイミングですが、一般的に忌明けを迎えて日常生活に戻るとされている忌明け後に贈ることになっています。贈る際には香典返しだけでなく御挨拶状も一緒に贈ります。香典返しだけを贈ると何事かと驚かれることもありますので、御挨拶状は必ず贈ることです。また、忌明けは仏式では四十九日なのですが、繰り上げて三十五日にする場合もあります。しかし、キリスト教では忌明けという観念はありませんので、宗教によっても忌明けが変わってくることもあります。宗教の教えの通りに行うことになるでしょう。

どんなものを選ぶか

香典返しを贈るタイミングではなく、どんなものを贈れば良いのかと悩まされることもあります。まず、香典返しは一般的に頂いた香典の3分の1、または半額くらいの品物を選んで返すことになっています。一家の働き手が亡くなったという場合には、3分の1程度の香典返しで良いとされています。ですが、葬儀と同じように香典返しも地域によってやり方やしきたりが変わっていますので、昔ながらのやり方でやっておいたほうが無難でしょう。また、香典返しに選ぶ品物ですが日用品がベストです。タオルや石鹸セット、コーヒーやお茶等が選ばれています。しかし、好みがありますので、今ではカタログギフトを選んでいるという人が多くなっています。カタログギフトだと欲しいものが選べることから、カタログギフトでの香典返しは評価が高いです。